2007年12月11日

眠れない夜に

早いもので2007年12月も、もう半ば。

まだ少し早いかしら?

この一年を振り返ってどうでしたか?
良い一年を過ごしましたか?

いろんな出逢いが有りますね。

良いことも悪いことも全て思い出に変わっていきます。

出来るなら良い出来事を積み重ねていきたいね。

あなたと出逢えたて良かったよ!

素直な気持ちでありがとう!

気持ちをリセットして新しい明日を迎えよう。

もしも偶然出会った時には、元気だった?と話せるように。

ものすごく心が混乱した事は忘れない。

揺れる想いに動揺したことも忘れない。


みんなそれぞれ思いやりを持って生きていこう。

傷つくのも傷つけるのも嫌だものネ。


眠れない夜に何だか気持ちが楽になりました。

不思議だよね〜るんるん

もしも、同じような想いをしている あなた も…

う〜んと背伸びして、大きく深呼吸して、
もう大丈夫だって呟いて、ニッコリ笑ってみようね。


きっと大丈夫。


少しだけ強くなれます。

気持ちを切り替えるってこと、忘れちゃダメだよね。

あは。ヽ( ´ ▽ ` )ノ ちょっと吹っ切れたよ。満月

ラベル:リセット
posted by coolmoon at 08:03| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

シーソーゲーム

身近なところで、恋の悩みを聞く機会が増えました。

何故だか、聞かされることが多くって…


みんな、それぞれ悩んでいる人が多いんだね。


まるで、大人のシーソーゲーム。

微妙なバランスを崩すと心がこわれちゃうよ…。


人の姿なら、よく見えるのにね ふらふら


人生って思い通りに行かないもの…>_<

それが楽しい時もあるけど…やっぱりしんどいネあせあせ(飛び散る汗)

ほんとそうだわ。人生とは不可解なり。


冬に向かって季節はすっかり変わりました。


温かくして風邪ひかないように気をつけて過ごしましょうるんるん


たまには温泉でのんびり温まりたいな。いい気分(温泉)


気分転換、上手に出来ていますか?


なかなか、これも難しいかな?





posted by coolmoon at 14:51| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

光と影。表と裏。

光と影。表と裏。

華やかなスポットライトを浴びて、
光を受けて輝く表側。

それとは対照的に、影に隠れて裏方を支える裏側。

どちらも有るから、

いろいろ事が成り立っているよね。

表に出る人ばかりじゃ、舞台だって成り立たないし。

隠れてばかりじゃ、

何も見えないし。

表舞台に出て輝いている人には、

その裏方に徹して、しっかり支える人がいるんだよね。

どちらもが同じであれば、衝突して、心が休まること無いかもしれない。

偉いなぁ〜。

彼女はそれをわきまえて、

あの頃あんなに華やかだったのに、

しっかり裏方してるんだよ。

自分を変える努力をして、

納得はしてないんだけどね…。
と笑って言うの。

恋愛と結婚は、別のものよね。
少し悲しそうに、呟くの。

反対されて一緒になったため、彼女は実家と絶縁状態にある。

見えないけれど、言わないけれど、

それぞれ人は心に何かしら哀しみを抱えているんだよね。

幸せな家庭。作ってきた幸せな家族がいるのに。

淋しさや哀しみ。

逃げ道を見つけて、つかの間だけ目を逸らしてしまう。

傷つかない相手なら良かったのに。

知らない人なら良かったのに。

二度と会わない人なら良かったのに。

彼女が光で私は影。

絶対に悲しませたりはしない。


もう1人の私に、そう言い聞かせた。


心が壊れそう・・・。

誰かに相談なんてできないし、
誰にも話せない秘密の出来事。

優しく受け止めてくれる人がいれば…と別の逃げ道を探すの?

今がいちばんしんどいよ。もうやだ〜(悲しい顔)


時間が過ぎていきます。
ラベル:表と裏 光と影
posted by coolmoon at 14:23| Comment(2) | 心のため息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

お酒をのみたくなる時間

なんとなく飲みたくなる時がある。

そんな時は独身の頃に女友達に、

連れて行かれたお店を思い出すの。

最初の2回くらいは、一緒に行ってたな。バー

でも居心地が良くて、
そのうち一人でも行けるようになったっけ。

もう長いこと行ってないよね。

まだ、あの場所でやっているのかな?

機嫌の良いときにだけマスターはね、

『街の灯り』を唄ってくれるんだよ。

知ってる?

映画「街の灯」のほうが有名かな?

チャールズ・チャップリンの映画もあるけれど、

堺 正章さんが歌っていた唄。

今年亡くなった、阿久悠さん作詞。メロディーは誰だっけ?

♪そばに誰かいないと、沈みそうなこの胸〜♪

♪まるで潮がひいたあとの暗い海のように〜♪

って唄いだしで、すごく昔の歌だけど心に染みる歌詞。

じっくり やさしく、聴かせてくれるんだるんるん

「あの歌、唄ってよ」って。

ああ。あせあせ(飛び散る汗) 私はいつもリクエストしてたんだ。

あの歌はお店の終わる合図だったのかな?

お店を閉めてから、

朝5時までやっているマスターの馴染みのお店に
ときどき連れていってもらってた。

ちょっと年の離れたお兄さんって感じで、

恋愛相談や人生相談なんか、よく聞いてくれてたっけ…。

懐かしい。

気分転換に訪ねてみようかな。

「久しぶり。元気にしてた?」なんて訪ねたい気分です。

唯一私が1人でも行ける馴染みのお店。

一人で飲みたくなる時に思い出します。

帰れないときは、華やかな場所だけに、

女性専用のサウナがあって、よく利用していました。

だって京都の祇園にあるお店なんだもん。ぴかぴか(新しい)

でも今もあの場所で、やっているのか?

それだけが気がかり。

女性にだってひとり飲みたい時間があるんです。
ラベル:街の灯り お酒
posted by coolmoon at 15:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

男女の間に友情は育つの?

珍しく連続して書きました。目

この夏を回想してました。
いろんな変化が訪れた夏でした。

070826_1601~01.jpg

夏を過ごす前には… 
男女間の友情ってある!って信じていた私。
きっと願望。あって欲しい。そう思ってた。

友情ならば、いつまでも友達でいようね。

そう言えるから。

たとえ別々に離れてしまっても、
思い出として懐かしく振り返ることが出来るし、
そのほうが、スッキリ、気持ちがいい。

異性である以上、
好きになれば、互いの温もりを求めてしまう。
問題なのは…そのあとの関係。

深みに益々はまっていくのか?

きっぱり、何も無かったように思い出にするのか?

中途半端は一番良くない。

それが出来ずにいる自分が、はがゆくて…

どちらともが同じ気持ちでいたならば、
きっと大変なことになるような気がする。

でも、それは
大人のずるさ?なんだろうね。

すごい微妙な距離を保って、
あやういバランスの中で時間が過ぎていく。

私が求めているのは何なんだろう?

きっと一番欲しいのは。
心のつながりなんだと思う。
キレイ事???

でも、これは身体を重ねることで、
より深くなっていくのだから…。やっかいなんだよね。

ああ〜無いものねだりの、悪循環。

いっそうのこと。

いろんなことを考えて、
もっといい女になれるなら、
もっともっと成長させて欲しい。

現実の自分と、もう一人の自分。

気持ちの切り替えがとても難しいよ。

なんか、そんなことを感じる秋の始まりです。

女心と秋の空…。
男性だって秋の空…。
同じ人もいるよね。満月
ラベル:友情
posted by coolmoon at 17:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

10月…秋ですね

ようやく秋らしくなってきました。朝と晩がとっても寒くなってきましたね!!

今年の9月は最後の日まで夏のようでしたね。

少し雨の日が続いて、とたんに秋がやってきた感じがします。

季節の変わるときって体調を崩しやすいといいます。

大丈夫ですか?

私は、風邪ひいてしまったみたい。

いえ?うつされたのかもしれません。

誰に?

あの人の上のお子さんに(笑) まだ小さい可愛い盛り。

用事があって家のほうにお邪魔したときに、お子ちゃん、
たまたま数日前から、風邪で具合が悪くてグッタリ寝てました。

ちょっとマシになって、笑顔が見られるようになってきて、

大丈夫?しんどいの〜?とかお話しながら、
3時間くらいいっしょに過ごしたのかな?

もっと小さな頃から知ってるので、行くといつも抱きついてくるの。

もちろん奥さんとも一緒にいろんな話しながら、
同じ空間で時間を過ごしました。

とても居心地が良くて…大好きな空間。

今までの普通の私のまま。

いつからポーカーフェイスになっちゃたんだろうね。。。

幸せ家族の中に、紛れ込んでしまったのは もうひとりの私のほう。やや欠け月

…心が鉛のよう。

自分のこと棚に上げてネ…帰ってきてから苦しくなるの。

どうしようもなく、落ち込む もうひとりの私がいます。満月


もっと強くなろうexclamation 何をいちいち落ち込むのよexclamation×2


季節の変わり目。


風邪に気をつけてくださいね。

ラベル:
posted by coolmoon at 13:07| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

男女のちょうど良い距離って?

男女のちょうど良い距離ってどれくらいなんだろ?

結婚して夫婦になると
恋愛してた頃のドキドキする気持ちが、

いつの間にか無くなってしまう。

お互いに思いやる気持ちが
いつしか薄れているかもしれないネ。

時間を重ねて夫婦になり家族になる。

好きになって、一緒になれたことは幸せで、
大きな障害を越えて、一緒になったんだよね。


それなのに、

ずっと一人を思い続けることは、
とても難しいってこと?


ただ私が優柔不断なだけなのかな?


夫婦の距離。

好きな人との距離。

実る恋愛のゴールが結婚なら、
実らない恋愛のゴールは何処なんだろうね?


アイシテルの感情が不安定。

なんだか私カッコ悪い。

秘すれば花。

秘する気持ちが花を咲かすのなら、
風に吹かれて儚げな小さな野の花でいい。

大輪の花は
目立ちすぎるし、

バラやユリの花なんて、
綺麗だけれど華やか過ぎる。


あなたの側でひっそりと咲いていたい。



~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆

もっと自分の気持ちを吐き出したいのに…

なかなか心の中が不安定なのか?吐き出せない。

言葉にするとそう認めたくない私がいるみたいです。

もっと更新できればいいんだけど、

いつもコメント書いてくれる、わーい(嬉しい顔) さん。
ありがとう。

読んでくれてる人がいるって、それだけで嬉しい。

まったく別空間で恋愛感情が存在するなら、
別人になれるかもしれませんね。

友人関係からこんな感情が育ち始めると…

もう、こんなに悶々とするなんて初めての経験です。

前回の日記から10日ほどたちました。

いろんな出来事に気持ちはグッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)

人間てほんと「感情の生き物」なんだなぁ〜ふらふら


Coolmoom三日月
ラベル:男女 距離
posted by coolmoon at 08:44| Comment(4) | 心のため息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

二人で見る夕日

暑かった夏が過ぎて、季節は秋に移り変わりました。
短い夏でしたね。

季節が変わったと感じる瞬間ってどんなとき?

空の高さを感じる時。

空の青さを感じる時。

風が優しく通りすぎる時。

毎年感じることは同じなのに、
昨日見た秋の空と海に沈む夕日は特別新鮮に見えました。

なんとなく気になって大好きな場所に行ってみると、
約束して待ち合わせた訳じゃないのに、
年下の彼がいました。

「夏が終わったね」

「本当に」

「空の雲がどんどん形を変えていくね」

「秋の空だね」

たわいない話しで時間がすぎていく。
  
夕日が沈みます。

真っ赤に空が染まり、いつ見ても奇麗。

ただ黙って沈む夕日を見ていました。

二人で見る夕日。

手を伸ばせば、すぐそこに彼がいるけど、

少し距離をおいて話しができる二人がいる。


過ぎた夏は思い出?


うん。大丈夫かも知れない。


~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆

奥さん、私の大事な友人です。
ここ数年、いろいろ相談を受けてきました。耳

彼は若いけれど仕事が出来る人なんでお付き合いも多い。
女性問題が多かったな。やはり、もてるんでしょうか???

「気にしすぎ。一番大事にされてるのはあなただから!」

と私はいつも言い続けてきたし、実際にそうだもん。

そんな私だから「まさか」なんです。

プラトニック・ラブなら何も問題ないけれど、

抱き合ってお互いの温もりを知ってしまった。

自己嫌悪でかなり落ち込みました。もうやだ〜(悲しい顔)
 
決して後悔してではなくて、
好きな人と結ばれるってとても嬉しいの。
おたがいの距離を一気に縮められたから。

でも互いに人生のパートナーがいる。
まして彼のパートナーって…大切なトモダチ。
まるで小説の中の出来事が現実に起きるなんてたらーっ(汗)

過ぎた夏は思い出?

うん。大丈夫かも知れない。

大丈夫じゃないかも知れない。自信が無い。

私はどちらかというと受身、 
やさしく腕に包まれるとダメです。

ダメだと分かっていても受け入れてしまう。複雑。


Coolmoom満月
ラベル:夕日 思い出
posted by coolmoon at 21:09| Comment(3) | 心のため息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

年上の人に憧れて

いつも好きになるのは年上の男性だった。

それは安心して甘えられるからだと思うの。

強くなりたいと思う反面、

本当は弱い自分を受け止めてくれる

大人の男性に恋してきた。

包容力ある強い人に惹かれていく。

それは今も変わらない。

年下は恋愛対象外だったの。

いつもお姉さんぶって強い自分を見せてきた。

私の方が大人なのって。

強くて大人の女を演じるのは弱い自分を隠すためね。

どんなに長い時間二人きりで過ごしても、

何の感情も起きない安全パイの彼だった。

そんな関係が突然崩れ何で年下の彼にドキドキするのよ?

私の気持ちは混乱するばかり。

ずっとずっと年上の人に憧れてきたのに…。

互いに守るべき家庭があるのにね。

どうしてなんだろう?男と女はわからない。

こんな気持ちのまま、どれだけ時間を過ごすのだろう?


自分が分からなくなる。


二人の自分が存在している…。


とっても不安定な気持ちで揺れ動いている。


~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆

この日記を見つけてくれてありがとう。

人を好きになる気持ちは素敵なことだけど、
誰にも打ち明けられない恋愛感情は…つらいです。

「秘すれば花…」?

作家の渡辺淳一さんの世界は、小説の中だけで十分なのにね。

でも…今よりももっと大人になるための経験なんでしょうか?

素敵な人とめぐり合えたことは、幸せなんでしょうね。

とても複雑な気持ちです。


誰にも言えない心の中を、
そっと吐き出してみたくなって、 
このブログを書いてみようと思います。

Coolmoom満月



ラベル:年上 年下
posted by coolmoon at 11:06| Comment(4) | 心のため息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

想定外の感情

予測不可能な感情が心の中で葛藤する。

思いもよらず突然に心の中を支配した。

あり得ない。そんなこと想定外のことだった。

なのに感情は自由気ままに駆け回り夢と共に大きくなる。

「私、何も求めていないよ。」

そう思う反対側には

「それはウソだ」と囁くもう1人の私が笑う。

私は大人なんだから。

私の方がずっと年上なんだから…。

強がることは得意だものね。もっと強くなろうよ。

でも本当は違う。

「どうして?」

もっと強くなりたい。

この感情に気付かないふりをして、

今までと変わりなく生きていこう。

心の中は誰にも分からないから。

「今頃あなたは何をしているんだろう?」

そう思うとき…私の心の葛藤の時が流れる。

こんなに振り回されていること、

あの人は夢にも思っていないでしょう。

なんて心は複雑なの?

会わなければ忘れられる。

きっと忘れられるよ。

「本当に?」

わからない。わからないの。

愛する人がいるのに、

なぜ別な人を好きになるのだろう?

こんなに揺れる思いが入り込んできて、

予測出来なかった感情が心を支配してる。

「これは遊び?ゲーム?」

いっそうその方が気楽だけれど。

あなたの心が見えないから

心の駆け引きが始まってしまった。

この気持ち。

どうなるのかな?

ずっと育っていくのかな?

もう二度と悲しい恋はしないと誓ったのに。

もう忘れている。

なんてバカな私なんだろう。

ZARDの曲が流れている…るんるん

「揺れる想い」

その爽やかな歌声に寂しさを感じる私がいる。






ラベル:感情 想定外
posted by coolmoon at 09:11| Comment(0) | 心のため息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。